● 第30回(平成24年1月)入選作品 ●

 

 雲晴れてなべての古民家影を曳く

           丹波街道秋深みゆく

  小浜市山手一丁目  川端 宏子 

                         

    上句雲晴れてなべての古民家影を曳くは、作者独自の捉え方とその表現で詠まれている。この旅行詠は上句で決まった。沁み沁みとして風情がある。

 

 

 歌一首添へて届きし山菜煮に

夕餉の話題は賑々として

小浜市山手一丁目  加納 暢子 

                         

    贈られた山菜煮に歌が添えられてあった。夕餉の話題は山菜のこと、添えられていた歌のこと、山菜の味、下句の賑々としてで色々と想像力を逞しくする楽しい歌。

 

 

 軽快にテープを切りたる我にこそ

           後期高齢呼ばはるなかれ

小浜市中井  古谷 義次

                         

    運動会の歌でしょうか軽やかにこころよいまでにテープを切った作者は観衆の拍手を浴びたことでしょう。年は重ねてもまだまだ元気な作者。下句に生き方につき強い決意のようなものが窺われて力強い歌となった。

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。