・第44回入選作品(平成25年3月)・

 

 

 

峰みねに真綿のごとき靄かかり

山ふところの雨後の静けさ

(飯盛の峰歌集より 第一歌集)  小浜市飯盛 谷口 正枝

                         

飯盛山に抱かれた里の風景や村人の民情を感覚鋭く捉へている歌集。

歌は見慣れている風景も感受性豊かに捉えられ読者はハッとさせられる。

 

 

 

吾が嫁のさしかけくれし花柄の

                                   日傘一つに村道をゆく

   (若狭の星空歌集より 第一歌集) 小浜市東勢 杉崎 康代    

                         

歌集は里の父母のこと。

主人亡き後の苦労のこと吾子三人の成長などを中心に編まれている。

この歌は何とお幸せな日が到来したのです。

花嫁さんと近所歩きをされているのでしょうか。

 

 

 

耳川を辿らば蒼き鹿の谿

木洩れ陽撫づる苔むせる巌

                 小浜市湯岡 宝積寺 葦 舟

                         

鹿の谿に穴場を見つけた作者の視点は苔をむす大きな石にあります。

「木洩れ陽撫づる」木洩れ日が静かに動いてゐた。

作者の研ぎ澄まされた感性に敬意を表します。

 

 

 

大雪の融け初めし中に蕗の薹

その生命の強さに我感動す

               小浜市山手 池上 千代子

                         

雪どけの一処に蕗の薹を見つけたその時のハッとした感動が伝わって来ます。

動きの不自由な作者は、蕗の薹を見つけて頑張って生きようと、

元気付けられたのが「感動す」にこめられています。

 

 

 

訪い来たりて母を抱けば

わが胸に温もり伝ふ幼児のごと

               小浜市遠敷 上林 やすこ

                         

暫く会わなかった里のお母さんを尋ねて抱き合えば

母の温もりが幼児の様に伝わって来た。

何も言うことはない。お母さんが喜ばれたことでしょう。

温もりが読者に伝わります。

  

 

 

                                         【 撰 池田 和栄 】

 

 

 

 

      小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

 

               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏
               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。