・第45回入選作品(平成25年4月)・

 

  冷凍の干し柿二つ解けるころ

夫と碁友の勝負は決まる

                  

                 鯖江市平井町  林 都紀恵                

                         

冷凍の干し柿と碁の取り合わせが妙。

三句「解けるころ」に作者のこまやかな観察眼があり、静かでやさ

しい雰囲気を醸している。と同時に、碁を打つ夫達をさりげなく気

遣いながら自らも勝負の行方を楽しんでいる作者のユーモラスな面

下句に見え明るい作品となっている。

 

 

   息子と夫の間に嵌る時ありて

母にも妻にもなりて納まる

                   

                   小浜市小松原  内田 静子     

                         

父子と云えど時には意見の食い違いや感情の対立はある。

こんな場面を「間に嵌る」と詠まれたところが巧みである。

母の顔、妻の顔となって双方を説得するのは至難だが、これ以上の

妙楽はあるまい。

言い得て妙の作品である。

 

  

  この群れの指揮を執るもの何処に居る

一糸乱れぬ蟻の行列

 

小浜市中井  近者 孝一

                         

私達は乾いた地面の上や軒下の隅を整然と列なしてゆく蟻の群れを

日常的に眼にする。

而し誰もが見逃しがちなこの光景を作者は感慨をもって見つめている。

この一首には、作者の発見があり、 その発見が優れた短歌を生むこ

とを教えてくれた作品である。

 

 

娘よりの賀状の余白に鉛筆の

ひらがな踊る幼子の春

 

小浜市上中井  古谷 智

                         

今年のお正月は娘さん達のお里帰りはなかったのでしょう。

賀状の余白にお孫さんの鉛筆書きの文を読まれてよろこびもひとし

おの作者。

第四句「ひらがな踊る」に愛しさと元気に新年を迎えた孫への思い

が伝わってくる。素直に詠まれています。

 

  

哀へは単に足腰のみならず

言葉・漢字の直に出て来ず

                         

                   小浜市多田  藤井 喜美子

評 

老いは足腰の衰えからくると言いますが、作者は言語や記憶といっ

内面の機能のおとろえが並行していることを歌う。

更に続く超高齢化を生きるには、今以上の努力や知恵が要るようだ。

重い歌である。

  

 

 

                                         【 撰 池田 和栄 】

                                    【 撰 谷口 正枝 】

 

 

 

 

      小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

 

               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏
               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。