・第46回入選作品(平成25年5月)・

 

ためらひつつ八十路の面に紅ひきて

鏡の吾に楚楚とほほゑむ

                    小浜市上野  岡本 澄子               

                         

紅をひき、つつましさを兼ね備えた女性としての自分を鏡に写し、凛とした美しさを確かめている作者。豊かな心のありようや来し方が伝わってきます。

 

 

 

中学校では仲良しの友と離れたが

帰宅後電話で話が弾む

                 小浜市新小松原 船井 真愛(小浜中一年)    

                         

新しい中学校生活で友とも離れ、不安を抱く女生徒の繊細な心が読みとれます。

でも家へ帰れば友との電話で話題がいっぱい。結局「話が弾む」が若々しくてとてもいい感じ。

 

 

四苦八苦してとり変へし蛍光灯

家人は誰も気づかずにゐる

小浜市太興寺 田中 ふじ子

                         

蛍光灯のとり変えというささやかな出来事を作者の視点でユーモラスに詠まれています。下句から、作者の嘆息が聞こえてきそうですが、これこそが平和な日常と読書の心を和ませてくれます。

結句の意外性が何とも可笑しい。

 

 

 

この茶店地場産の木に建てられて

コーヒー飲みつつ木の香楽しむ

小浜市青井 竹村 祐美子

                         

歌のリズムよく、趣きのある歌。二句「地場産の木」に温もりが感じられ、結句が

これをよく支えています。至福の時を満喫している作者同様、気分が和みますね。

 

 

 

犬小屋にしきりに尾を振る子犬らは

居眠る母の胸探りゐる

                     小浜市和多田 芝 令子 

評 

子犬や母犬の様子を見たまま詠まれていますが、作者の暖かい眼差しが感じられる歌になりました。子犬の狙いはオッパイ。子犬のなすがままにいる母犬の大らかさも笑いを誘います。

  

 

 

                                         【 撰 池田 和栄 】

                                    【 撰 谷口 正枝 】

 

 

 

 

 

 

 

      小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

 

               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏
               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。