・第58回作品・

 

生と死はつながりをりて産小屋の隣に村の墓地のありたり

 

                        小浜市東勢 杉崎 康代            

 

人間の生と死の象徴である産小屋と墓地を作者にぐっと引きつけて

詠まれており、一から二句に実感が籠ります。素材自体にインパクト

があり「つながりをり」と捉えたところにこの作品の妙があります。

 

 

 

鯨尺を取出し女孫に話したり用途のことを曽祖母のこと

 

                        小浜市上中井 古谷 智子

 

 

         鯨尺についてお孫さんとの会話シーン。なにげない中にむすびの

     「曽祖母のこと」が少女に伝えたい作者の気持や家族の歴史を

     示しており、厳粛な思いで鑑賞しました。

 

                        

 

法要を最後にこの地を離れゆく父母の墓石に雨降り頻る

 

                                         小浜市堅海 領家 公子

 

          作者のやさしい気持がよくわかります。と同時に亡き父母の眠る

          この地への離れがたい思いを断ち切って、これからも

      頑張っていこうとする作者の静かな決意が読みとれます。

 

 

 

ふるさとは(とほ)き日風ゆったりと行きつ戻りつ亡き母の声

 

                                           小浜市竜前 宮崎 洋美

 

          お母さんへの懐かしさをふるさとのやさしいかぜにのせて

      詠まれました。「行きつ戻りつ」に長い時の流れとその間の

   いろいろな経験をされた作者の 心情の振幅が映し出されて

   心を打たれました。

 

 

 

子羊の形に似たるちぎれ雲童話のなかにひたり昼寝す

 

                          小浜市小松原 内田 静子

 

   下の句への意外な展開に驚きました。ふっとおかしみを誘うような

   やわらかな雰囲気が魅力的です。作者の(ひろ)いお人柄が感じられる一首。

 

 

 

                           【 撰 谷口 正枝 】

 

 

 

 

      小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

 

               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏
               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。