・第60回作品・

 

 


細き枝にもこもこ花芽付き出でて花蘇芳の木は春を灯せり


                        小浜市 塩谷 トミ子            


(はな)蘇芳(ずおう)の花芽の様子を「もこもこ」と表現され、その豊かさや愛らしさ

          ともにそこに春をみつけた作者のよろこびが伝わってきます。

          ほのぼのとしたこの一首の雰囲気に惹かれました。


 


子には子の夫には夫の思ひありて我はその場をおろおろ歩く


                           小浜市 加納 暢子


 

          父と子各々の言い分に一理ありと思いつつも決し難く、

       狼狽する作者の姿がありありと描かれています。

       下の句の具体からは可笑しいようなそれでいて

          胸がキュンとなる哀しみがあります。


                        


輝きをおさめし太陽は水平線に今しずぶずぶと沈らむとすなり


                                               小浜市 藤井 喜美子


           この作品の眼目は四句目でしょう。「ずぶずぶ」の表現は、

        まるで海水を含んだように輪郭を崩しつつ海中(わだなか)に入りゆく

        落日を思わせ、迫力を感じます。


 


町内の魚屋さんや米屋さんさん付けの店消えてしまひぬ


                                               小浜市 杉崎 康代


           馴染みの個人商店は複合的大型店舗の進出で姿を消し、

        街の様子はすっかり変わってしまいました。

        とともに人情まで薄れてきた…

           この一首、身巡りを平易な言葉で詠み時代の変化を

        映し出しています。


 


光る風耳をすまして聞くがごと余呉湖の芽吹きは束の間にして


                              小浜市 辻 彌生


           余呉湖はいったことがありませんが折々の景色の

        美しい風情のあるところと想像します。

        上の句の作者の繊細な感性に魅力を感じました。


 

                           【 撰 谷口 正枝 】

 

 

 

 

      小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

 

               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏
               「蒼島」写真提供   若狭の語り部 岡尾正雄氏

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。