クズの葉は昼寝する!?

 

 

   『万葉集(1537)』の巻8に、山上憶良は

 

     「秋の野に 咲きたる花を 指折りて かき数ふれば

                         七種の花 萩の花 尾花 葛花 撫子が花女郎花また藤袴 朝顔の花

 

と秋の七草を詠んだ。


 その中の「葛花」がクズで、全国いたるところで見られるつる性の多年草です。

 

8~9月頃、ほのかな香りのある赤紫色の花を密につけます。

 

根の外皮を取り除いて乾燥したものが「葛根(カッコン)」で、

 

漢方では発汗、解熱、鎮痙(チンケイ)を目的に葛根湯などに配合され、

 

成分として含まれるイソフラボンは、体内のカルシウムを制御する物質です。

 
 クズの肥大根にはデンプンが10~15%含まれ、

 

これから得られる「葛澱粉」は和菓子の材料として欠かせません。

 

奈良県大宇陀町の“吉野葛”は有名ですが、

 

若狭熊川宿でも極めて良質の葛が生産され、

 

現在も昔のままの製法が細々と守られています。


 本種の葉は睡眠(就眠)運動をします。

 

光の強い晴天の昼間は、葉表を中にして光を平行に受け、

 

受光量を少なくしています。この時白い葉裏が微風に揺れて、

 

涼しげな風情が美しいので「裏見草」の別名があり、

 

この状態を「クズの昼寝」と呼んでいます。

 

荒れ地にはびこる“厄介者”のクズでも、

 

このような観点で見直すと、また違って見えるかもしれませんよ。 

  
                                                                  小浜病院薬草園管理アドバイザー 渡辺 斉

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。