円相の話

   

  
 円相で真理を表現することは、中国唐代の南陽慧忠(なんようえちゅう ?~七七五年)

 

国師に始まるとされる。

 

三世十方世界に満ちている、真如、実相、仏性、法性、などと呼ばれる絶対の真理を、一つ

 

の円で表現したものが、円相(えんそう)とか一円相(いちえんそう)と呼ばれるものである。

 

 信心銘に「円かなること太虚に同じ、欠くることなく余ることなし」とある一切皆空の真理

 

を、一つの象徴でもってあらわしたもの、色や形のないものを目に見える形にしたもの、そ

 

の代表が円相なのである。
 

禅僧が指し示すものは悟りの境地以外にはない。だから禅僧が円相を描くのは、言葉や形

 

にできない悟りの境地をあらわし伝えるためであり、塔婆のいちばん上に描いたり、葬儀の

 

引導のとき空中に描いたりするのもそのためである。
                                       

                                           瑞雲院 杉本玄海

 

 


 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。