死んだらどこへ行くのでしょうか ?

   

 科学の問題として扱うなら、

 

この問いに対する一番適切な答は「分からない」でしょう。

 

宗教の問題として扱うなら「信じているところへ行く」が

 

一番適切な答だと思います。

 

つまり阿弥陀さまを信じている人は極楽浄土へ行く。

 

死ねばゴミになると思っている人はゴミになる。


 仏教の基本の教えでは、

 

「生前の行為にふさわしい所に生まれ変わる」とされています。

 

つまり善いことをすれば楽しい世界へ、

 

悪いことをすれば苦しみの世界へ生まれ変わる。

 

これを輪廻(りんね)といい、

 

葬式や法事を行うのはそうした来世に対する援護射撃でもあります。


 仏教が最終的に目ざすのは涅槃の境地であり、

 

それは一切の苦からの解脱であり、

 

輪廻の世界からの解放です。

 

ならば解脱したらどこへ行くのか。

 

この世界は一つの大きな命のあらわれであり、

 

私たちの本質はその空なる根元の命そのものでありますから、

 

解脱すればその命に帰っていきます。

 

その命を極楽浄土ともいうのであり、

 

葬儀のとき位牌に新帰元と書くのはそのためです。


 また一休さんの歌にはこうあります。

 

「たらちねに呼ばれて仮に生まれ来て、心おきなく帰るふるさと」

 

「死にはせぬ、どこにも行かぬ、ここにおる、呼んでくれるな、返事はせぬぞ」 

 

          青井山 瑞雲院 
         

  

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。