競技かるたの楽しみ方

 

    しんと静まり返った中に朗々と声が流れます。


 「難波津に~咲くやこの花冬ごもり~」競技かるたは、

 

百人一首の下の句が書かれた札を二人で取り合う競技。

 

上の句が読まれる瞬間に手が走る、

 

まさに静と動が入り混じった「畳の上の格闘技」。


 藤原定家が編集した小倉百人一首の札を競技かるたとして確立したのは、

 

明治期の多彩な作家であり実業家の黒岩涙香です。

 

彼が手を染め研究し尽くしたものは、

 

あまりに多く囲碁界や将棋界、相撲界にも貢献しています。

 

特に競技かるたには力を注ぎルールを統一、

 

現在の全日本かるた協会へと繋がる礎を築き上げました。


 藤原定家が小倉百人一首に多くの謎を残したことは有名で、

 

凡歌や作者が曖昧といった歌もあります。

 

自分を取り立て、やがては離れて行った後鳥羽院への思いを

 

百首のクロスワードパズルに託したのではとも言われています。


 ただ競技かるたとしては、そういった裏の話よりも、

 

言葉遊びの楽しさを知るいい材料となります。

 

例えば大山札というもので

 

「朝ぼらけ」「君がため」「わたの原」は二首あり、

 

六字目を聞かなければ取れない「六字決まり」です。

 

他にも友札といって

 

「山川に」「山里は」とか「淡路島」「あはれとも」などは三字決まり。


 ちなみに小浜市田烏の沖の石を読んだ歌「わが袖は」は、

 

 「わが庵は」の友札。藤原定家がなぜ喜撰法師のこの歌を採ったのか。

 

「都のたつみ」とはどういうことなのか。

 

またしても謎好きな黒岩涙香へと戻って行きます。


                                 宇田川節子(小浜市かるた協会「沖の石」会長)

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。