母上様 -佐久間艇長からの手紙-

 

「この金子は些々ながら 魚又は他のじやう物をかい 父上の酒のさかなにし また旨きものを買ひ母上もめしあがられたし、ためておく事はなりません、かならず ごちそう用になされませ」

 

 佐久間艇長は毎週のように、父母に手紙を書き、二円、五円と同封して送りました。又、常に文末には、父母の健康を祈る言葉が添えられていました。「追々さむくあいなり候へば 御からだだいいち うんどう第一 ご馳走をたべること第一と存候」「いよいよでていけば またといきてはかいらぬかくごに御座候へば母上にも私の安否如何にかかはらず おんからだをたいせつにして充分の御やうじやうをなされ度いのりおりて候」吾身の死を覚悟しつつ、なお父母を思いやる艇長のやさしさあふれる手紙、友人知人・恩師への手紙など数おおく残っています。今、殉難百周年事業の一環として、佐久間艇長伝記編集委員会では、遺書の手帳、伝記、佐久間艇長書簡集を計画しております。艇長の手紙をお持ちの方は、御一報ください。四月十五日の顕彰祭にも是非お出でくださいますようお願いします。交流会館で艇長の手紙の特別展を企画しております。


          (佐久間艇長伝記編集委員会  小堀 友廣) 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。