山川登美子記念館の中庭
                山川登美子記念館の中庭

  

 

   秋の庭と登美子

  

今年の夏は格別に暑かった。熱帯夜、眠れないままに外に出て、夜空にむかって

 

水をまいたこともあった。秋のお彼岸を過ぎ、朝夕の冷気にふれて、季節のめぐ

 

りの中に生かされていることを確かに感じる。そして紅葉がうつくしい年になる

 

と聞くと嬉しい。

 

 山川登美子記念館の中庭に大きいドウダンツツジがある。扇を半分広げたよう

 

な形で、人の背丈よりも高い赤灯台。一昨年の晩秋は燃えたつように紅葉し見事

 

だった。昨年はどういうわけか色づきがよくないままに落葉してしまった。だか

 

らなおさら今年の秋は美しい紅葉を期待する。

 

   ひとすじを千金に買ふ王もあれ七尺みどり

   秋のおち髪     山川登美子『恋衣』

 

 山川登美子は明治時代、浪漫派の歌人として活躍したが、不治の病で二十九歳

 

の生涯をこの若狭の地で閉じた。生家(現在の記念館)の庭に、その頃ドウダン

 

ツツジがあったかどうかはわからないが、感性と才気に富んだ明治の女性をしの

 

ぶのにふさわしい雰囲気が、この庭にはある。

 

   今日は大分かげんがええし起きてみたと声

   がしそうな庭赤灯台       よしえ

 

 思うように生きられない淋しさを抱く登美子だが、その面影は永遠に若く美しい。

         

(りとむ短歌会所属 北野よしえ)

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。