野菊

 北からの冷たい風に耐えながら凛として咲く、白や薄紫のかれんな野菊。

 

 野菊と言えば、遠い昔にみた木下恵介監督の「野菊の如き君なりき」と

 

いう映画を思い出します。主人公の政夫が淡い恋心を抱く、従姉の民子に

 

ついて次のような表現があります。「民子は野菊のような児であった。田舎

 

風であるが決して粗野でなく、可憐で優しくて品格があり、清楚な白色の

 

野菊のようだ。」

 

 もう一つの思い出は、小学校の秋の運動会に流れていた「遠い山から吹

 

いてくる、こ寒い風にゆれながら、気高く清くにおう花、きれいな野菊薄

 

紫よ。」のメロディです。この歌の「気高く清く」という歌詞に日本人の品

 

格を感じます。

 

 もう6~7年になると思いますが、数学者の藤原正彦氏の「国家の品格」

 

という本が話題となりました。氏はこの中で、「我が国は戦後一貫して高い

 

経済成長を遂げてきた。その一方で繁栄の代償に失ったものは、あまりに

 

も大きく国家の品格が格段に失墜した」と述べています。また、「日本古来

 

の武士道精神が、欧米の合理主義に飲み込まれた」とも。国家を構成する日

 

本人の品格が問われているのです。

 

 モンスター・ペアレンツという言葉を耳にして久しいですが、果たすべき

 

義務よりも権利ばかりを主張する社会的傾向はまことに、由々しき問題です。

 

私たちは今一度、「気高く清く」の言葉の響きをかみしめ、日本人が生まれ

 

ながらにして持っている善徳や品性を取り戻したいものです。

           

   若狭の語り部 会員 網本 恒治郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。