ゴマと食養生

 

 

 主食に副菜、甘味や飲料にまで登場するゴマ。私達にとって身近な食材であ『ゴ 

 

マ』は古くから「身体によい」とされ、昨今はその栄養成分の機能に期待がかか

 

る。

 

 江戸時代、本草学者の人見必大が『本朝食鑑(一六九七年)』で、「黒ゴマは

 

腎(ここでいう腎は腎臓ではなく、生殖器やホルモンに当たる)、白ゴマは肺に作

 

用する。ともに五臓を潤し、血行を良くし、腸の調子を整える」と説いた。また、

 

同じく本草学者の貝原益軒も、『菜譜(一七〇四年)』の中で、「黒胡麻は服食と

 

すべし、上品の薬なり。(中略)飯にかけ、湯に入、菜にかけて食す。味よく性よ

 

し。朝夕食すべし。身をうるほし、虚を補ひ、気をまし肌肉を長じ、耳目を明らか

 

にす。中風によし。」としている。

 

  名古屋大学名誉教授、大澤俊彦氏は「ごまの健康学」で、「毎日スプーン一杯程

 

 度摂取することで、ゴマがもつ抗酸化作用や肝機能向上作用に加え、そのほかの栄

 

 養素の働きによる相乗効果によって様々な効果が期待できる」と述べている。そし

 

 て、具体的には、血中コレステロールのコントロール、がん予防、アンチエイジン

 

 グ、アルコール代謝促進 (二日酔い防止)、女性ホルモン作用(乳がん予防)血液

 

 機能の改善、高血圧の抑制、血栓予防、自律神経機能の改善、動脈硬化予防に効果

 

 があるとし、「胡麻は身体によい」としている。

 

  さらに、ゴマは日本食料理の見た目、味や風味に欠かせない食材でもある。『杉

 

 田玄白先生の養生訓』と、それにちなんだバランスのとれた食事による病気予防の

 

 考え方「医食同源」と相通じるものがある。

 

  

 

      御食国若狭おばま食文化館  学芸員 齋藤光子

 

 

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。