「中川淳庵顕彰薬草園」五月二十五日オープン

 

   

 「解体新書」の翻訳者といえば、杉田玄白、前野良沢の名前を知らない人はないの

 

ですが、もう一人の訳者である小浜藩医、中川淳庵(じゅんなん)を知る人は多く

 

りません。その理由は、三人の中で最も若く(玄白より六歳年下です)、かつ四十八

 

歳の若さで早世したことによると思われます。しかし淳庵は、「解体新書」の翻訳・

 

出版という偉業に止まらず、オランダ商館の医師で植物学者のツュンベリーとの交流

 

を通じ、我が国における薬草学、植物学に西洋の知見を導入し近代化を進めたパイオ

 

ニアの一人でもあります。そこで、淳庵の功績を広く知って頂くために、杉田玄白記

 

念公立小浜病院では再開発事業の竣工に併せて、薬草園を設けました。広さは三二〇

 

㎡ほどあり、昨年十一月竣工式の際に、病院組合の組合長である松崎市長を迎えて、

 

ギリシャのコス島由来の由緒正しい「ヒポクラテスの木」(プラタナス)を記念植樹

 

しました(写真)。四十センチほどのかわいい若木ですが、みるみる成長して新病院

 

のシンボルツリーとなることでしょう。

 

 淳庵は藩医として三代目の内科医で、若い頃から幕府医官・田村藍水に師事して薬

 

草学を学びました。藍水は、江戸湯島にて宝暦七年(一七五七)に初の薬品会(やく

 

ひんえ、物産会)を開催したことで知られ、淳庵は十九歳の時の第一回以来、毎年の

 

ように江戸、時には大阪で開かれた薬品会に三~六種の薬草、動植物、鉱物を出品

 

ています。

 

 今回、薬草園では、淳庵が薬品会に出品した薬草を中心に約四〇種類の薬草をご紹

 

介します。そのうちケイトウ、ノキシノブ、南蛮サイカチ、天台烏薬(テンダイウ

 

ク)、ハトムギやアロエ、若狭原産のセリバオウレンなど十一種類の生薬については

 

解説を加え、実物標本を展示します。

 

 

 皆様ぜひお揃いでおいで頂ければ幸いです。

 

     

 

                 杉田玄白記念公立小浜病院名誉院長

                 京都大学名誉教授       小西淳二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。