残 雪

 残雪の這ひをる畑のしりへかな 虚子


 高浜虚子の句であるが、戦時の昭和十九年九月虚子は


信州小諸に疎開、戦後二十二年十月までその地小山氏の

 

持家を借りて居住する。八畳二間平屋の質素な一軒家に、


夫妻とお手伝三人が暮らした。四国松山生まれの虚子に


とって小諸の寒さは苛酷なものであったが、雪国の風物

 

人情に興味もそそられ、さまざまな角度から佳句を量産、


虚子句昇華の時代ともいわれる。


  いづくとも無く風花の生れ来て 虚子


  山の雪胡粉をたヽきつけしごと 虚子


 「謡曲」「鉢木」の主人公佐野源左衛門尉常世は、

 

零落の身に雪の厭わしいことをかこちつヽ

 

「いかに世にある人の面白う候らん」と飛来する雪に詠嘆の詞を投げて


(略)二、三日降り続いたあと朝から空が限りない青さで晴れることがある。

 

(略)雪解の風情に愛着を覚えるのは、冬を装う最も冬らしいものヽ中に、

 

暖かい春のけはいを感じるからであろう。」、

 

畏敬する吉田正喜先生の随筆「雪解け」が私には思い出される。


                    

句誌「ほととぎす」同人 森田昇

 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。