除夜の鐘「百八の鐘」

 

 大晦日の夜、全国各地の寺院で除夜の鐘が打ち鳴らされる。

 

夜のしじまを破って響き渡る鐘の音は、古き年の終わりを告げる風物詩として

 

「百八の鐘」ともよばれている。「百八」の数字は、

 

人間の持つ妄想や欲望の数を挙げたものであるとされている。

 

その数え方は様々であるが眼・耳・鼻・舌・身・意という六つの対象を把握するとき、

 

好・悪・平(非好非悪)の三つがあり、十八となる。

 

その一つ一つに染と浄のふたつがあって合計百八の煩悩になるという説である。

 

 また、別の数え方があって、前記の人間の感覚器官に、

 

快感(楽)と不快感(苦)とそのどちらでもないもの(捨)の三種の感受があり

 

計十八、また、好・悪・平の三種があって計十八、あわせて三十六となる。

 

これに過去・現在・未来の三種があるから合計百八となる。

 

 「百八」という数は数珠の珠の数にも用いられているが、

 

人間の生来持っている煩悩を少しでも減らそうと念じ、

 

読経しながら百八の珠を繰っていくので念珠とも称しているのである。

 

 このように、人間の持っている煩悩を、新しい年を迎えるに当たり、

 

洗い流そうとの願いを除夜の鐘に託した古来の風習が「百八の鐘」である。

 

                                       円明寺住職 笹川真照

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。