酒井忠勝侯の墓
酒井忠勝侯の墓

                    酒井忠勝侯の墓   (長英寺・太良庄)

  

 酒井忠勝侯の墓

 

  酒井忠勝から忠禄まで十四代二百三十年余にわたって、


若狭国を治めた歴代藩主の菩提寺が空印寺(小浜市男山)であることは


よく知られていますが、忠勝の墓がもう一つ市内の長英寺(太良庄)に


あることは、一般的にあまり知られていません。


 忠勝の死後、国元の家老三浦帯刀好正(知行千五百石・妻は忠勝の妹。


空印寺の酒井家墓所の一角に、三浦家に嫁がれた姫君の五輪塔がある)が、


酒井家を守っていくとの思いから、自分の領地である太良庄に寺を建て、


忠勝の法名「空印寺殿傑傳長英大居士」から長英寺と名付けました。


 三浦家は、忠勝が武州川越から若狭へ転封となった時に、


お目付家老として来た家柄で、帯刀の父三浦七兵衛義也は


忠勝の父忠利と忠勝二人に仕え、二千二百石の知行を得ていました。


 長英寺本堂背後左手中腹にある忠勝の墓の横に、


三浦家先祖代々の墓があり、一般の墓地と区別されています。


 三浦家は、現在に至るまで忠勝の墓所を守っています。


                            小浜市郷土研究会会員 網本 恒治郎


       日本遺産認定第1号

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。