佐久間艇長 父母への孝養

 

 佐久間勉は明治十二年(一八七九)九月十三日前川神社神官、

 

佐久間可盛とまつ野の次男として若狭町(旧三方町)北前川に生れました。

 

優しい性格のどちらかと言うと恥ずしがり屋でした。

 

体を鍛え学業に励み、

 

苦学の末に海軍兵学校へ進学し、

 

夢に向かい努力を続けました。


 勉は、貧しい中でも学費を工面し、

 

自分を励まし支えてくれた両親に、いつか孝行をつくしたいと、いつも考えていました。

 

繁忙を極める状況の中にあっても、

 

両親には絶えず手紙を送り、その中にはいつもお金が添えられていました。


 特に、忙しい勤務のかたわら、メモのように走り書きした次の手紙は、

 

短い言葉の中にも、親を思う勉の真情が込められており、胸を打たれます。

 
「この金子 些々ながら 魚又は他のじやう物をかひ

 

父上の酒のさかなにし また旨きものを買ひ

 

母上 もめしあがられたし、ためておく事はなりません 

 

かならずごちそう用になされませ

 

九日 勉   母 上 様」


 両親・恩師・親友への音信は絶えることなく続きました。

 

そうした手紙は数十通にもおよびました。

 

その中には、父母をねぎらい旧師や後輩を思い、

 

報恩の念や厚い友情をしのばせるものが多かったようです。


 このように優しい人だからこそ、

 

真の勇気ある、沈着勇断なる行動ができたのではないでしょうか。


                                佐久間艇長伝記編集委員 山口容子

 

航空自衛隊 補給本部の皆さん

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。