山川登美子と「後瀬夕照」

 

  明治時代、明星派の歌人として活躍した山川登美子は、


故郷小浜ですごしていた少女時代には、

 

旧派の和歌を習っており、題に従って作った歌が残っています。


 登美子が後瀬山を詠んだ歌は、その頃のもので、

 

若狭八景とよばれる小浜の景勝地を詠んだ歌の中に

 

「後瀬夕照」という題で書かれています。


   峰つゞき木立まばらに雪見えて夕やけ雲に照り渡るなる


雪をいただいた後瀬山が、夕焼けの雲の色を映して

 

美しく輝いている光景を詠っています。


 若狭八景は江戸時代に絵画や詩歌の題材として好まれ


ました。登美子も既存の絵をもとに歌を作ったのかもしれません。

 

そうならば私たちも、

 

先人が愛した若狭の風景を、

 

登美子の歌を通してめでてみるのもよいでしょう。


 後瀬山は小浜の入り江に近く、

 

古来歌枕として親しまれてきました。

 

昔は高い建物はなく、小浜の町のどこからでも、

 

美しい山の姿が望めたことでしょう。


 冬、夕日が入り江の西に傾くと、夕焼けの雲は

 

後瀬山にかかるほど近く見え、

 

その雲によって雪の山は茜色に染めあげられるのです。

 

しんと冴えた冷気の中の風景です。

 

厳しい自然の中にも美を求める心意気を、

 

登美子は先人から受けついだことでしょう。

 

その美意識を、私たちもまた受けとって山や空を眺めてみれば、

 

風景は今までとは違う表情をみせて、

 

私たちに近づいて来てくれるかもしれません。


                                りとむ短歌会所属 北野よしえ

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。