苦悩する神 その四

 

 若狭神宮寺は、神仏習合に関連して、二番目に古い文献に現れる寺です。

 

文献の内容は、神の身を離れて仏法に帰依したいというものです。

 

ここでは少し、神とは何かということを考察してみたいと思います。


 日本には八百万の神があると言います。

 

一方我々は、根本的な神として天照大神を考えます。

 

天照大神は、伊勢神宮の祭神です。

 

大国主命を祭神とするのが、出雲大社です。

 

両者の関係は、主従ではないと思われます。

 

ならば、神はそれぞれに存在してもよいのではないでしょうか。


 原始宗教の起源説には、次の諸相があげられます。

 

①アニミズム

 

②プレアニミズム

 

③アニマティズム

 

④ナチュリズム

 

⑤トーテミズム

 

⑥一神教

 

⑦シャーマニズムなどです。

 

この中で注目したいのが、トーテミズムです。

 

同一名の者同志が同族として集団を作り、名称を持つ。

 

この名称をトーテムと言います。

 

そしてこのトーテムは、人間の禍福を支配する呪力を持つとされます。

 

神的な存在です。そのため、儀礼が生み出されました。

 

これをトーテミズムと言います。


 若狭神宮寺を建立した和朝臣宅繼の曽祖赤麿は、

 

若狭比古神の直孫として文献(『類従国史後編』)に現れます。

 

赤麿は、「此の地、是我が住処」といい、

 

この地域に住む者たちの中心的存在であることを匂わせています。

 

ここから推理して、地域ごとに祖先が神として存在したと思われます。

 

天照大神は、天皇家の神であったと言うことです。        

 

                                       若狭文学会会員 鈴木 治

        

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。