鯖街道「針畑越え」の見所Ⅱ

 

昨年四月に日本遺産第一弾として認定された鯖街道であるが、

 

今ひとつ認知度が低いと新聞は報じている。(平成二十八年四月二十四日福井新聞)


 一人でも多くの人が鯖街道、

 

中でも上根来から近江への「針畑越え」に関心を持って頂けるよう

 

この道のことを書いてみよう。


 当然のことであるが、「鯖街道」という道が存在したわけではない。

 

昭和四十年代半ばまでにそのような言葉を聞いた記憶はない。

 

当時京都方面から若狭へ越えて来る道は若狭越えであり、

 

若狭側から越える道は京道であった。しかし、

 

若狭から近江へ越す峠道は昔から存在していたし

 

戦前小学校へ行く前の小さな子供が

 

おばあさんに手を引かれて針畑越えをした話を聞いたことがある。

 

また戦後、耕耘機が普及する前までは農作業を助けるための役牛が

 

博労に引かれてこの坂を越えたという話も聞いた。

 

道は結果的に京都まで続いてはいるが、

 

本来は集落同士を結ぶ生活のための道であったのだ。


 さて、この坂の上部に壕のように

 

深く掘れた古道部分が長く続く個所がある。

 

我々は深道(ふかどう)と呼んでいるが、

 

長い間多くの人が歩いた結果山の土が掘れて

 

そこをまた雨水が走ることによりさらに土がえぐられ、

 

道は益々掘れてしまったという事なのだろう。

 

ただ、平坦な山道ではなく、大きくU字形に掘れているこの道を見ると

 

針畑越えの道が歴史の道でもある事を実感させてくれるのである。


          鯖街道歴史研究会 杉谷 長昭

 


 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。