象が小浜にやってきた

 

 

   象が小浜にやってきた。今からほぼ六百年前、日本で初めてだ。

 

スマトラ島(インドネシア)のパレンバンから黒潮と南風(はえ)に乗って、


はるばる小浜に遣って来た。

 

  小浜の人たちはどれほど驚いたことだろう。


意味不明な言葉を話す水夫達、肌の色も服装も異なる異邦人達・・・。

 


連れている生き物たち・・・。


食べる物も飲む物もすっかり異なっていた。

 

ことに当時、佛画や彫像で接しているはすべて白い象であった。

 

だが生きて動いている象は黒い。


まずその黒いのに驚いたことだろう。


それが「黒」だとか「黒象」という言葉になって、


古文書のなかにあるように思われる。

 

 

  応永十五年(一四〇八)五月に三代将軍義満公が死に、

 

直後の将軍義持公に象は献上されていった。


帝王の亜列進卿(アラジンきょう)が日本と親交をむすぼうとしての進物であったのだろう。

 

                                          

                                        妙光寺 山名暢雄
 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。