鯖の食文化

 

  
 若狭おばまでは、江戸時代中頃から昭和まで、

 

大漁の鯖が獲れました。今でも、各家庭や地域で、

 

鯖の食文化が根付いています。


 中でも焼き鯖は、各地のお祭りで、

 

赤飯と共に欠かせない食として食べたり、

 

地域外の親戚に配ったりする文化があります。

 

小浜市新保区には、「なまぐさ汁」といって、

 

焼き鯖とネギなど貝をたくさん入れた、すまし汁の伝承料理があります。

 

名前と異なり、とても美味しい料理です。


 日常の食の代表は、鯖のへしこで、鯖がたくさん獲れた時に加工し、

 

保存食として、よく食べてきました。

 

また、小浜では正月頃のご馳走の一つとして、

 

鯖のなれずしが人気です。他の地域では、

 

生魚からなれずしを作りますが、小浜では、

 

へしこから作るのが特徴です。


 また、鯖のぬたは、各家庭の料理のほか、

 

講料理などでも登場します。この他、鯖ずしや近年人気の焼き鯖ずし、

 

大きな身が入った缶詰、醤油干しなども人気です。


 かつては、海沿いの各家で作られてきた、

 

へしこやなれずしは、作る手間などから、

 

購入されるようになりましたが、今でも若狭を代表する味の一つです。

 

鯖の食文化はこれからも、受け継いでいきたい若狭の誇れる食文化です。


    御食国若狭おばま食文化館 学芸員 一矢典子

 


 

 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1196
 
東北 872
 
関東・信越 656
 
北陸・中部 656
 
関西 656
 
中国 764
 
四国 872
 
九州 872
 
沖縄 1304

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。