鯖街道「針畑越え」の見所 Ⅲ【針畑峠】

 

若狭上根来(小浜市)から近江小入谷(高島市)へ越す古道根来坂は、最近鯖街道の一ルートとして

 

広く市民に親しまれるようになってきた。この坂のピークに位置するのが針畑峠( 835m )で、

 

元亀元年(1570年)、越前朝倉攻めの織田信長に従った徳川家康が

 

この峠を越えて京へ帰陣したことが伝えられている(若狭国史)。


 この峠へ行くには、上根来林道を八合目当たりまで登ると北側に広く若狭湾をのぞむ

 

展望所(ベンチあり)に着く。左(東)側の山道には京都への標識があるから車を止めて

 

この古道を登っていけば約20分で目的の針畑峠に着く。

 

峠は広場になっており、かつてはブナの大木が枝を広げ夏の日差しを遮ってくれていたが、

 

現在はその勢いもなく、まもなくその一生を終えるのではないかと案じられる。


 広場の南西側には地蔵尊を祀る祠が存したが、平成30年秋の台風で吹き飛ばされ、

 

中に安置されていた地蔵尊は野ざらしになってしまった。

 

地元に再建の動きはないものであろうか。また、峠の西側一段高い場所には

 

高さ約1mの花崗岩による一石一字塔が建っている。施主は針畑の住人で、

 

寛政9年(1797年)7月の文字が彫られている。牛又は馬によってここまで運ばれたものであろうか。

 

いずれにしてもこの峠が200年以上も前から交通の要衝であったことが伺える。


 峠から左(東方向)へは百里ケ岳山頂へ続くルートで、京都を目指すなら峠を越すよう

 

直進することになる。

 

                              鯖街道歴史研究会   杉谷 長昭


 

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

  ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

    定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。